本人に聞いてみます|ギフトとしても名入れボールペンは人気|歓ばれるプレゼント

ギフトとしても名入れボールペンは人気|歓ばれるプレゼント

本人に聞いてみます

ぬいぐるみ

結婚内祝いに品を贈る場合に、どんな贈り物にするか悩んだときには、本人たちに直接聞いてみます。そうすると、好みの品が届くことで本人たちの喜びも増しますし、いろいろな人から届くお祝いの品と重複することも避けられるからです。双方にとってメリットがあります。結婚内祝いとして一般的なものは、時計や照明器具、食器、タオルやリネン類、調理器具などです。その中でも特に人気があるのは、食器です。ペアのワイングラスやコーヒーカップなど、夫婦で普段使いできることから、昔から定番になっています。しかしそれだけ他の人と重複しやすい品でもあります。本人に確認してから贈ると安心です。また、個人で贈らずに、複数でお金を出し合って、高価な贈り物をするのも素敵です。

結婚内祝いを贈る方法として、まずは現金を贈るか、品物を贈るかを決めます。どちらか一方を贈れば大丈夫ですが、お祝い金と品物の両方を贈るというスタイルが一般的です。しかし現在では、品物を贈らず、お祝金だけですませるケースも多くなっています。どのように結婚内祝いを贈るかは、本人との間柄によって判断するようにします。例えば、新郎または新婦と普段から親しい付き合いがあるのであれば、心のこもった形ある品を贈ると、喜ばれます。逆に、顔を合わせることが滅多にないといった関係性が薄い場合には、現金やギフト券など、相手が自由に使える品を贈ると良いです。結婚内祝いを贈る場合には、挙式の1週間前までには届くように郵送するようにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加